は、主に「新憲法草案」についての、私の考えていることをお伝えします。


by reodaisuki1

新憲法草案の根本問題

 しばらく、ブログの間隔をあけざるを得ないと思っていますが、最近思い至ったことがありますので、皆さん、検討してみてください。

 それは、新憲法草案の前文に、「象徴天皇制は、これを維持する。」とあることです。このなんでもないひとくだりが、結構、問題ではないか、ということです。今でも、象徴天皇制なのだから、それを確認しているだけだ、と私は、考えていましたが、どうも、そんな生易しいものではないようです。

 ここで、現行憲法を思い出してみますと、象徴天皇制という言葉はありません。天皇制に関する言葉は、わずかに一語だけです。それは、詔勅という言葉で、前文の精神に反する詔勅は認めないというものです。あくまで、国民主権で、それに反する詔勅は認めないと、天皇制が力をふるわないように牽制をしています。それを、今度の前文では、全く削除して、象徴天皇制という言葉を差し込んでいるのです。

 このことの重大さを、ここで展開する時間がないのですが、天皇制について考えられたことのある方は、これだけで、はっとされることがあると思います。これにきづいて、新憲法草案の天皇に関するところをよみ直してみると、現行憲法の条文に手をつけられているところのわけがわかってきたと思います。ここでは、国民主権の弱体化と天皇制の強化がはかられていると思います。

 このことに気づいて、前文の構造が有機的に見えてきました。それとともに、新憲法草案の構造が見え始めたと思っています。これを、ここで展開するのは、分量的に無理なので、項目的にあげておきます。時間がとれれば、また展開します。

 第一の問題は、これが新憲法草案であり、改憲という名のクーデターがされようとしていること。

 次に内容の問題にはいると、象徴天皇制の強化がはかられ、それだけ、国民主権が弱体化されていること。平和主義が骨抜きにされていること。基本的人権が公益・公の秩序のためにおおきな制限を受けるようになっていること。20条3項の政教分離規定が骨抜きになっており、戦争防止の思想的歯止めがはずされていること。総理大臣の権限の強化がされていること。地方自治の独立を弱体化させていること。

 次に、憲法の改正要件を緩和して、憲法が最高法規であることを、ほとんど空文化したこと。

 こんな、憲法で新しく日本をたてなおしたら、今騒ぎになっているマンションが、人の住めないものであるように、日本も危なくて人が住めない国になりそうです。
[PR]
by reodaisuki1 | 2005-12-17 00:57