は、主に「新憲法草案」についての、私の考えていることをお伝えします。


by reodaisuki1

新憲法草案注解 (天皇の国事行為)第六条3,4

 案の6条3は、こうである。

3 天皇は、法律の定めるところにより、前二項の行為を委任することができる。


 ここは、現行憲法の第4条②に対応している。

 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

 内容的には、まったくかわらない。


 案の6条4は、こうである。


4 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣がその責任を 負う。

 これは、前から何度も書いているように、現行憲法第三条と同じである。繰り返し書いてきて、もういいと思われる方もいらっしゃるだろうが、初めてここを読まれる方のために、もう一度書くとこうである。分かりやすく言うと、国政上、天皇より内閣が上なのである。それが、象徴天皇制の象徴天皇制たるゆえんである。大日本帝国憲法では、「第一條 大日本帝國憲法ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス」とあり、当然ながら、天皇はすべてのものの上に君臨していた。それが、いまや天皇は、内閣の承認なしに、国事行為でもすることはできない。そして国政に対する一切の権能はないのである。国事行為とは、象徴的行為、儀式的行為に過ぎないのである。そのようなことをできるだけ国民の意識にのぼせないようにするために、今回の操作があるのだ、と思われる。
[PR]
by reodaisuki1 | 2006-01-05 13:59