は、主に「新憲法草案」についての、私の考えていることをお伝えします。


by reodaisuki1

新憲法制定は、憲法96条で出来ない。

 現在、憲法調査特別委員会で、国民投票案が、作成されようとしています。来年の通常こ国会に提出されるということです。

 しかし、わたしたち国民は、ここで、よく考えてみるべきことがあります。

 自民党が進めようとしている「新憲法制定」が、現行憲法96条で出来るのか、ということです。

 実は、憲法96条は、新憲法制定を、全く前提していないのではないか。現行憲法の前文には、「この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」とあります。ここに、「これに反する一切の憲法」とあるのを読みすごさないでいただきたいのですが、もし、「新憲法草案」が、国会に上程されるなら、そのこと自体、この前文に真っ向から反するのではないでしょうか。

 そして、新憲法制定を前提にして、国民投票法案を検討すること自体、国会が、現行憲法に反することになるのではないでしょうか。

 わたしが、ここに書いていることが、突拍子もないことだと思われる方は、ぜひ、「憲法は、どこまで変えられるか」というタイトルで、浦部法穂教授の講演録を検索してみてください。浦部先生は、有名な憲法学者です。私は、何度も読んで、憲法というものが何かと、あらためて考えさせられています。

 また、「改憲という名のクーデタ」という本(ピープルズ・プラン研究所編、現代企画室発行)の小倉利丸氏の論文をお読みください。
[PR]
by reodaisuki1 | 2005-12-04 23:32