は、主に「新憲法草案」についての、私の考えていることをお伝えします。


by reodaisuki1

新憲法制定は、現行憲法廃止を意味する

自民党の新憲法草案は、新憲法草案であって、憲法改正草案ではありません。自民党は、憲法を改正しようとしているのではなく、新憲法を作ろうとしているのです。

 しかし、国民の皆さん、わたしたちは、既に憲法を持っています。大日本帝国憲法を制定する前なら、新憲法制定というのは、全く問題はないのですが、既に憲法があるのに、新憲法制定とは、穏やかならぬ話です。既に憲法がある場合、いったん、今ある憲法を廃止して、その後に、新憲法を制定するということになります。

 そして、現行憲法は、新憲法制定を想定していません。なにやら、今年の流行語めいてきましたが、想定外のことなのです。現行憲法では、96条に憲法改正はどのようにしたらできるのか書かれていますが、新憲法制定する場合、どのようにしたらできるのかは、書いてありません。

 自民党は、憲法96条を用いて、新憲法を制定したいと願っていますが、憲法96条では、憲法改正はできても、新憲法制定はできないはずです。これは、理性的に考える人なら皆、納得してくださるはずです。もし、国会の場に、新憲法草案が上程されたら、その時、憲法違反が行われたことになるでしょう。わたしたち国民は、そんな超憲法的な行為を断じて認めるべきではありません。センセーショナルに聞こえるでしょうが、与党第一党は、憲法にのっとった見せかけのもとに、自民党一党独裁の新憲法を制定しようとしているのです。国民の目の前で、憲法改正とみせかけて、公然と、クーデターを行おうとしているのです。
[PR]
by reodaisuki1 | 2005-12-05 11:25